直線上に配置

 拓栄小(中)学校

フレーム

 拓栄小(中)学校   本別町字拓栄7
昭和15年創立。昭和50年3月、35年の歴史に幕を閉じ、仙美里小学校へ統合した。卒業生は138名、閉校時の児童は8名、校長は来島春光氏であった。本校は開校時仙美里小奥仙美里分校たったが、昭和32年拓栄小学校と改称した。また32年から36年まで中学校を併設した 主に木炭製造に従事する人々の入地により開校、校舎も本別営林署の造材飯場の貸与を受けた。
現在校舎は地域の酪農家が牛舎等に利用している。

 拓栄小学校閉校に当って  校長 来島 春光
 (前略)  本校は地域発展の期待を背負った中学校を、仙美里中学校に統合し、そして、再び小学校の統合を見ることは、時代の変遷によるとは申せ、まことに残念感無量の念を禁じ得ません。ことに校下父母の皆様はもとより、かつてこの地で生活し、あるいは本校で学んだ方々にとっては、胸中に去来するものに、筆舌に尽くしがたい思いがあるものとお察し申しあげます。
 この間道路の不備は持ちろん、電灯電話も無い生活の不便に加えて、気象土地条件もまた、営農に多大な不便を与えるていたものと推察されます。こうした開拓の苦心を重ねながらも、戦後の食糧難を始めとする諸物資不足の困難多き時代を経て、開拓に従事されてこられました。
 しかし、時代を担う子弟の教育は一時もゆるがせにできず、住民一体となって学校の建設と教育内容の充実発展のため、惜しみない援助協力がなされたのであります。(中略)
 時代の流れとは言え、閉校は一抹の寂しさを禁じ得ませんが、例え学校の姿はなくとも、この地に学んだ人々の心に、幼き日の思い出の一頁を残した学び舎として、生き続けるものと信じます。   
 閉校記念誌「拓栄」より

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO