直線上に配置

 上協和小学校 

フレーム

上協和小学校    更別村字弘和535
昭和17年創立。昭和59年3月、42年の歴史に幕を閉じ上更別小学校へ統合した。閉校時の児童は5名、校長は山崎信明氏であった。
校舎跡地に「学びの庭」の碑を建立、揮毫は第10代校長山崎信明氏である。本校は昭和23年幕別町より分村し、28年校舎を新築した。昭和53年発明工夫クラブ発足、54年青少年化学技術振興作品学校賞を受賞、57年子ども郵便局で表彰を受けた。


 閉校にあたって   第35回卒業生 中山 美千代
私が上協和小学校に、体より大きなランドセルを背負って通ったのは、ついこの間のような気が致します。小学校の頃は身長が低く、他の人達がとても大きく見えたり、人前で発表したりするのが苦手でした。
 今となっては笑い話になりますが、自転車に乗れなくてみかん箱を使い、あざをあちこちに作りながら練習した日々や、冬にスケートとスキーを持って登校できずに、道端で様子をうかがっては、泣いていた私の姿を思い出します。自然環境に恵まれていたので、芋を植えて放課後みんなで煮て食べたり、学校の裏山にヤチブキやドングリを採りに行ったり、冬休みも返上して練習したスケートなどは忘れることはできません。
 今でも小学校の傍を通ると、授業を受けている自分の姿や、土曜日の午後には尾崎先生の奥さんに習字を教えてもらったこと、陣取り遊びをしてグラウンドを走った懐かしい姿を思い起こします。そして、6年生の修学旅行、バスの中で各小学校の校歌を歌うことになったとき、校歌がなくて流行歌を歌いました。そんなことがあってか、その年の秋に校歌ができ、学芸会には全校器楽で力いっぱい演奏し、大きな拍手を貰いました。
 泣いて笑って様々なことを学び、小人数ならではの友情と団結、上協和小学校は私の誇りでもあります。      
  閉校記念誌「かみきょうわ」より

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO